日本における「リフォーム」の意味とはリファイン・ホームの略で家を建築すると言う意味の造語!

そろそろ家も古くなったし「リホーム」する時期かしらと思っているそこの専業主婦!旦那さんに内緒で家屋解体を目論むのなら是非きおのページをお読みください。たぶん旦那さんを説得する材料が見つかるはずです!?

リフォーム

個人宅、一戸建て、マイホームをお持ちの皆さん、そろそろ我が家のキッチンが古くなったので取り替えようと思っている方や風呂場やトイレなどの水周りの損耗が激しくそろそろ新しくしたいと思っている方は「リフォーム」をオススメします。日本における「リフォーム」の意味とはリファイン・ホームの略で家を建築すると言う意味の造語です。本来欧米で使われている「リフォーム」の意味は家を建て直す事を言い日本のような内装を弄る事をリフォームとはいいません。ですので海外などでは「リフォーム」と言う言葉は存在せず、建物の改築や改装など内装関係などインテリやを弄る場合は「Re:decoration」と書くのが意味的に正しいとおもいます。最近では不動産会社や建設業者もコノ間違いに気がついてきたのかちゃんと「リファイン≠Re」と「Home≠ホーム」で「リフォーム」と表記し直しはじめています。

妻帯者には辛いリフォームですがそのリフォームを行なう決定権が奥様に有るのはもっと辛い事です。そしてリフォームにおける構造改革を行なう場所第一位がキッチンと言うのも実に悲しい結果だとおもいます。とは言っても奥さんが家族の毎日の食生活を考える場所です旦那さんにとっては辛い出費になるかもしれませんが長い目で見ればソコソコ妥当なリフォームだと思います。奥さんに旦那さんが男前な所を見せてあげましょう。

と言うようにリフォームは理不尽がつき物ですが、最近の「リフォーム」の流行りは近年多発するエコブームに乗っかって「リフォーム」する事が多く、前記で書いたようなキッチンであればガスを使わないオール電化の製品の導入や逆にガス調理機器の導入を行なったり、風呂場であれば湯沸かし器を電気やガスに変えたり、純粋に浴槽やシャワーを多機能型に取り替えたりします。とりあえず一般家庭で一番簡単なエコリフォームは屋根の上に太陽光発電を設置するだけでも十分「リフォーム」になります。また窓ガラスを耐熱性の強いガラスに交換する事で室内の温度を一定に保つ効果のあるガラスも人気です。

また最近の「リフォーム」の意味にはバリアフリーの意味も含まれつつあり、高年年齢者用のステップや身体障害者用のスロープなど一般人より少し弱い立場の人達でも安心して居住できる空間に作り直す事も「リフォーム」といわれています。一昔前まではこういったバリアフリーの機器などは殆ど需要が無く(無かったわけではないが感心が低かったため)設置するためには専門の業者が必要で結構なお金を必要でしたが、今では設計の段階でバリアフリーにするかどうかと言う選択肢も増えたためバリアフリーに対するリフォームの意識はかなり高くなっていると思います。そのため最近では素人でも簡単なバリアフリーにリフォームする事が出来る様に教えているテレビ番組や講座などが幅広く登場しています。現在日本が迎えている高年齢化社会に対応し、障害者やお年寄りにも住みやすい環境造りを国を挙げて行なう事は非常によい事だと思います。

このページは不動産やそれに類する物件や用語などを調べて掲載していますが

部分的に間違いや解釈の違う説明の仕方が有るかと思います。

そういった表現を見つけた場合はメールにてご連絡いただけると幸いです。

ぷれぜんてっと・ばぁ〜い [Real estate industry] 不動産投資情報『不動産業株式会社』