「一軒家=一戸建て」のイメージとは若干違っているので間違えないように使い分けましょう。

一戸建てと言えば夢のマイホーム!!そんな夢を追っているアナタに送るこのページ!無駄に気になってしょうがない方は是非お読みください

一戸建て

家族を養っているお父さん(もしくはお母さん)方の生活水準を上げるための夢のマイホームそれが「一戸建て」です。不動産業では「一戸建て」の一の部分を発音せず「戸建て」と表記したり発音したりしますが、自宅所有者の表現方法「一戸建て」で記載したり発音したりする会社も増えてきまいした。「一戸建て」の特徴はその家屋が建てられている土地の大きさにもよりますが、「庭」や「駐車場」があり家屋内は複数の部屋とキッチン、風呂場、お手洗いが備え付けられている建物になります。またマンションやアパートと言った集合住宅とは違い隣近所に会話などの生活音が漏れる事の無い生活が送れるため非常に住みやすい建物となっています。また自己責任では有りますがペットの飼育なども自由に行なえるのも「一戸建て」の特長です。最近では高年齢化社会に対応してか手すりや昇降機が付いたバリアフリーを売りにした一戸建ても登場しており今後は多種多様な形態に進んでいくと思います。

実は「一戸建て」は正式な名称ではないのはみなさんすでに判っていると思います。実際に「一戸建て」は一軒家に1世帯が居住する事で「一戸建て」と言う名称されるわけです。ですので一軒家に2世帯や3世帯家族が居住する「戸建て」の事は「集合住宅」と呼称するため今までの「一軒家=一戸建て」のイメージとは若干違っているので間違えないように使い分けましょう。とは言っても最近の不動産コマーシャルでは「戸建て」の事を「マイホーム」や「持ち家」と言った呼び方をしているため「一戸建て」と呼ぶ機会は殆どなくなってきています。

ちなみに日本の建物の耐震建築技術は世界でもずば抜けていると知っていましたが?日本はアメリカやイギリスなどの欧米諸国とは違い常に地震や津波といった自然災害が多い国で、特に日本列島は断層の隆起によるプレート部分に当たるため他国に比べ地震の頻度が多い事が有名です。そのため耐震性に強い日本家屋はどの国へ言っても殆ど倒壊することなく建ち続けることができるのです。ちなみに一昔前まで日本では庶民の家は木造建築が一般的でした。コレは資源が乏しかった事も有りますが、災害時にすぐに普及(コンクリートやレンガで作られた家屋より木材で出来た家屋の方が加工次第では簡単に分解。再建が出来たため、また地震に関しても木の柔軟性を使って建物への損傷を最小限にする働きが有るため)できる様に工夫されての事でもあります。そのため最近では海外から日本の耐震技術を学びに来る建築士が数多く来日し、日本の耐震技術を吸収しているのです。

ちなみにちなみに、最近海外では空前の日本ブームが来ているらしく、日本文化の全てが珍しい外国人客が押し寄せているそうです。そのためか重度の日本マニアは自宅を日本建築風の戸建てにしたり、わざわざ日本から大工を呼び込み現地で木造建築の戸建てを建てる兵もいるそうです。

このページは不動産やそれに類する物件や用語などを調べて掲載していますが

部分的に間違いや解釈の違う説明の仕方が有るかと思います。

そういった表現を見つけた場合はメールにてご連絡いただけると幸いです。

ぷれぜんてっと・ばぁ〜い [Real estate industry] 不動産投資情報『不動産業株式会社』